リフォームはその土地の基準内で

バナー

リフォームはその土地の基準内で

住居も20年、25年を超えてくるとだんだんリフォームの必要性を感じてくることになります。
自分が住んでいる家の場合も中古住宅を購入する場合も、年々変わる家族構成や世代による暮らし方の変化によって、改装したい場所というところが出てくるものです。
耐震構造の基準を満たしていないとか、基本的なリフォームが必要な場合もあります。

一戸建てでもマンションでもリフォームは可能ですが、双方注意しなければならない点があります。

それは、双方建築基準があるという点です。



一戸建ては自分の土地ですからほとんど制約がないように思えますが、増築するときには建ぺい率という問題があります。

宅地か商業地かなどによって違いますが、その土地に対して、建物を建てていい面積が法律で決まっているのです。



これを超えての増改築はできません。
マンションの場合、専有部分は自由にできますが、共用部分は手を入れることができません。また、近隣に影響の出るリフォームはできないことになっています。



つまり新しく水道の蛇口を作るために上下階の水道管を動かしたいとか、ベランダに屋根をつけたら下階の日当たりが悪くなったなどの問題があります。そのため普通は壁、床、間取り程度の改装しかできないと思って下さい。
しかしリフォームするとその物件の価値は上がりますので、メンテナンスを兼ねて一度検討することをおすすめします。